<石鹸><複合石鹸><合成洗剤>の表示例の比較

市販されている製品を例に「石鹸・複合石鹸・合成洗剤」の内容成分を比較してみましょう。
上から
■石鹸
■複合石鹸(石鹸+合成洗剤)
■合成洗剤
●犬・ネコ用シャンプー の順です。
シャンプーを含め日用品を成分表示で見分ける目を養いましょう!

<石鹸>の表示例

洗顔用石鹸

石ケン素地が石鹸を表します。

 

純石鹸クリームソープ(ゼノア)

石ケン素地が石鹸です。

洗顔料・びがんこ(ゼノア)

カリ石ケン素地が石鹸です。

石鹸シャンプー(ゼノア)

カリ石ケン素地が石鹸です。

石鹸シャンプー

カリ石ケン素地が石鹸です。

 

台所用石鹸

純石鹸分 (20% 脂肪酸カリウム)が石鹸です。

台所用石鹸

純石鹸分 (23% 脂肪酸カリウム)が石鹸です。

台所用石鹸

純石鹸分 (28% 脂肪酸カリウム)が石鹸です。

洗濯用石鹸

純石鹸分 (26%) 脂肪酸カリウムが石鹸です。

洗濯用石鹸

純石鹸分 (30% 脂肪酸カリウム)が石鹸です。

洗濯用石鹸

純石鹸分 (99% 脂肪酸ナトリウム)が石鹸です。

 

<複合石鹸>の表示例

洗濯用複合石鹸
石鹸と合成洗剤が混じったものです。
●合成洗剤は
界面活性剤(15%)
純石鹸分以外の界面活性剤
(4%、脂肪酸アルカノールアミド)

●石鹸は
純石鹸分(11%、脂肪酸カリウム)

洗濯用複合石鹸
石鹸と合成洗剤が混じったものです。
●合成洗剤は
界面活性剤(38%)
純石鹸分以外の界面活性剤
11%、脂肪酸アルカノールアミド)

●石鹸は
純石鹸分(27%、脂肪酸カリウム)

 

 

<合成洗剤>の表示例

クレンジングオイル

オイルの中に合成洗剤を溶かし込んでします。
イソステアリンサンPEG−10
ジイソステアリンサンPEG−8が合成界面活性剤

クレンジングオイル
★薬用の医薬部外品のため内容成分は不明
(医薬部外品で申請すると化粧品のように全成分表示義務はなくなります。)
 

 

クレンジングオイル
オイルの中に合成洗剤を溶かし込んでします。
ジイソステアリンサンPEG−12
イソステアリンサンPEG−10
ジイソステアリンサンPEG−8が合成界面活性剤

合成洗剤のシャンプー

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩が合成界面活性剤

合成洗剤のシャンプー

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩
パーム核脂肪酸アミドDEA
コカミドプロピルベタイン
ポリクオタニウム−10
PEG−25ジエチルモニウムクロリド
以上が合成界面活性剤

合成洗剤のシャンプー
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩
ココアニホ酢酸ナトリウム
ジステアリンサングリコール
コカミドMEA
カチオン化ヒドロキシエチルセルロース−2
ポリクオタニウムー7
ラウロイルメチルタウリンナトリウム
以上が合成界面活性剤

合成洗剤のシャンプー
ベヘントリモニウムクロリド
ヤシ脂肪酸ソルビタン
ステアリンサンソルビタン
ラウレス−30
以上が合成界面活性剤

ボディーソープ
医薬部外品のため指定成分以外は表示義務が無いため内容は不明
ハンドソープ
ラウラミンオキシド
ステアレス−11
以上が合成界面活性剤
台所用合成洗剤
石鹸はアルカリ性ですので「液性」の部分に中性と表示されている部分でも合成洗剤と判ります。
界面活性剤(47% の後のアルファオレフィンスルホン酸ナトリウム〜アルキルアミンオキシド)までのカッコ内の表示が合成洗剤を表します。
洗濯用合成洗剤
界面活性剤(20%) の表示が合成洗剤を表します。

洗濯用合成洗剤
界面活性剤22% の後の[直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム〜ポリオキシアルキルエーテル]までのカッコ内の表示が合成洗剤を表します。

 

 

<合成洗剤 / 犬・ネコ用シャンプー>の表示例
動物用シャンプー
動物用医薬部外品になっているため内容成分は不明ですが、「アミノ酸系洗浄成分」というのは合成洗剤です。

動物用シャンプー
動物用医薬部外品になっているため内容成分は不明ですが、「アミノ酸系洗浄成分」というのは合成洗剤です。

 

動物用シャンプー
動物用医薬部外品になっているため内容成分は不明ですが、「アミノ酸系洗浄成分」というのは合成洗剤です。
動物用シャンプー
動物用医薬部外品になっているため内容成分は不明です。
動物用シャンプー
「特徴」の部分に記載されている「アミノ酸系洗浄成分」というのは合成洗剤です。
動物用シャンプー
内容成分は不明ですが、「アミノ酸系洗浄成分」というのは合成洗剤です。

 

< CLOSE >